旅行・地域

2012年4月12日 (木)

新発田ガス村上支店に、ニコタン&モモタン登場

今日は、絶好のお天気 ニコタン&モモタン日和でした。
新発田ガス村上支店の のっぽのガスタンクに、新発田ガスのマスコット、ガスタンクのニコタン&モモタンのイラストを描がきました。
イラストの作者兼現場監督の私は、7メートル以上に組んだ足場の上で作業している人たちが、てきぱきとフイルムを貼って行くのを下から見ているだけで足がすくんでしまいましたが・・・ さすが、プロの仕事、丁寧で早い。
天気にも恵まれ、無事に登場したニコタン&モモタン。村上の皆さんにもかわいがってもらってください!

2

1_2

3

2011年5月 2日 (月)

城下町村上は、とても和みの町です

昔の風情を色濃く残している町がたくさんありますが、新潟県最北の城下町村上市もとてもあたたかい和みの町です。前から何度となく訪れている町で、デザイン設計をさせていただいたお店も数件あるのですが今回はゆっくりと観光してきました。イベントとして「町屋の屏風まつり」や「人形さま巡り」などがあるのですが今回は、これらの期間ではなく日頃の村上を巡りました。

随所に伝統的なつくりが施された「町屋つくり」を一般公開しているところも多く、この喜っ川さんもそのひとつ。築130年の店の中には1000匹の吊り下がった鮭も壮観でした。Photo

次に浄念寺、「奥の細道」の途中に芭蕉が訪れたお寺。文化15年(1818)に建てられた本堂は、珍しい白壁土蔵造で日本で一番の大きさだそうです。丈六(5m)というとても大きな阿弥陀如来像が納められた本堂は絢爛です。満開の桜が白壁に映えます。Photo_2

また、この入口の飾り柱に飾ってある「獏」がとても優しい目をしていました。これまでいろいろなお寺や神社のこの柱の飾りを全て「象」だと思っていたのですが、今回気になって調べてこちらのは「獏」だということを知りました。あの悪い夢を食べてくれるという霊獣です。

Photo_3

いろいろ紹介したいのですが、今日はこの二つと・・・

もうひとつ

歩き疲れてふと目に入った ごはんとのみもの るりはり の可愛い看板に誘われて入ってみてまた和み。亡くなったお父様の料理屋さんだったお店をお洒落なカフェにした娘さんの店でした。瑠璃も玻璃も 照らせば光るということわざを名前にした、とてもセンスの良い雰囲気でした。一番オススメの花茶とケーキを頂きましたがこれが美味しい。おみやげに手作りのだし巻き玉子まで頂いて村上の町をあとにしました。また行こうと思います。

Photo_4 Photo_6

Photo_5

 

2010年11月21日 (日)

弥彦公園もみじ谷に感激です。

11月14日、弥彦神社と弥彦公園もみじ谷に行ってきました。
最近、人間の創り出す建築物もいいけど、自然の花、新緑、紅葉などにとても惹かれるようになりました。
住んでいる新発田市から車で1時間半ほどにある弥彦山は海あり山有りのとても景色の良いところで、大好きで何度か行っていたのですが、今回神社の直ぐ近くの酒屋さんで地酒の話で盛り上がりました。いろいろ買い込み帰ろうとしたら、おかみさんに「もみじ谷は見ました?」と言われ、「えっ?」、「直ぐ近くだからどうぞ見ていって」と言われるままに脚を運んでみました。「トンネルを抜けたら直ぐだから」という“通”のコースでびっくり仰天。ライトアップされた見事な紅葉にしばし我を忘れてシャッターを切り続けました。
Yahiko
春には桜も綺麗だと教えてもらいまた、来年行こうと思います。新潟は食も景色も良いところです。

2009年8月27日 (木)

彦根の街、とても良い雰囲気でした。

先週、仕事で滋賀県の彦根市に行ってきました。
夜に彦根城のすぐ近くのホテルに到着したのですが、そこのフロントの方がすごく彦根城近辺のことを自慢されるので興味を持ちました。
翌朝は9時30分には仕事が始まり、彦根城など見てる時間がないな〜と話したら、早朝、近所の年配の方達が6時頃からお城の廻りをボランティアで清掃したり、散歩する人のため天守閣までの道は開放してあるということを教えていただき俄然見てみたくなりました。
翌朝6時前に起床、6時10分位に出発し、約20分ほどで平山城の彦根城天守閣までたどり着きました。丁度6時30分、天守閣を囲んだ皆さんがNHKの朝のラジオ体操の真っ最中、思わず仲間に入れてもらいました。
小振りな天守閣ですが日本の4つの国宝天守閣のひとつ保存状態が素晴らしいということでしたが残念ながら中へは入れませんでした。彦根城は、日本を開国に導き、開港により諸外国への門戸を開いた人物、江戸幕府の大老として強権を奮い、「安政の大獄」という歴史的大弾圧で怖れられた人物——井伊直弼の城です。天守閣を見ているとその井伊直弼が窓から顔を出しそうだな〜などとのんきなことを考えながら、約1時間半のタイムスリップを終えてホテルへ戻りました。またいつかゆっくりと来てみたい場所がひとつ増えました。

Photo_2

Photo

2008年4月16日 (水)

新発田城の夜桜

昨年秋からデザイン計画設計〜工事施工に携わってきた斎場“アートホール桜”様が来週4月23日に竣工式を迎えます。物件が物件だけに罰の当たらないように真剣に取り組み、内外装から祭壇に至るまで納得のいく完成を見ることが出来ました。出来た〜と、ホッとしたら世間の桜は今が見頃の満開でした。やっぱり日本人は桜が好きですよね〜新発田のお城も満開の桜に沢山の人出で賑わっていました。お堀越しに撮った写真なので人は全く入っていませんが・・・。新発田市民として結構自慢のお城ですので紹介します。
Photo_4
2
Photo_5
Photo_6

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ